糖尿病の食事について<他人事と思ってはダメ>

病気を予防する

代表的な病気であるがんは、最近様々な治療法が出てきており、樹状細胞ワクチンという療法もあります。しかし、糖尿病などは、毎日の食事を気にしながら治療しなくてはいけません。病気にならないように予防することが大切なのです。

病気の原因

生活習慣

ジャンクフードばかりを食べていたり、ストレスを溜めすぎたりすることによって引き起こります。たまには料理を自分で作り、適度にストレス発散をすると現代病に蝕まれることがなくなるでしょう。

遺伝

糖尿病の中には2型といわれるものがあり、これは遺伝子が原因とされています。家族の中に糖尿病を発症した方がいるのなら、野菜中心の食生活に切り替えるのが賢明と言えるでしょう。

糖尿病の食事について<他人事と思ってはダメ>

レディ

糖尿病が引き起こす症状

糖尿病になってしまうと体のあちこちに異常をきたすことが確認されています。例えば、目では網膜症や白内障、緑内障といって、視力を完全に失ってしまう病気を発症することがあります。脳には、動脈硬化や脳梗塞といった命に関わる症状が出ることもあります。そして、生物にとって一番大切な箇所である心臓にも動脈硬化や心筋梗塞が起こってしまいます。
また、最近では糖尿病が大腸がんを誘発するということが発表されているので、あなどることができません。がんになってしまい、進行してしまったら最悪の場合命を落とすことも考えられます。治療をするにしても樹状細胞ワクチンなどの高額な治療が必要不可欠となっているので、そうなる前に糖尿病を防ぐ食事について考えておいて下さい。

自覚症状

糖尿病は初期段階の場合ほとんど無自覚となっており、進行してから症状が出てきます。そのため、どのようなものがあるのか調べておくと良いでしょう。例えば、水を飲んだばかりなのにすぐに喉が渇いてしまったり、一日3食以上の食事を取っているのにも関わらず、体重が減少したりします。他にも、少し歩いただけですぐ疲れてしまうこともありますし、何もしていないのに手足がしびれることが頻繁に起こります。これらの症状が起こってから食事に気を配っても手遅れということがあるので、健康なうちから食生活について見なおしておくと良いでしょう。

検査方法

検査前夜や当日は基本的に食事を禁止されているので、医師の指示に従うようにしましょう。検査は、ブドウ糖を摂取してだいたい2時間様子を見るという方法が一般的となっています。そこで、異常が出た場合は即入院となり、糖尿病の食事を強いられる羽目になるので、普段から規則正しい生活をするように肝に銘じておくべきです。

警告

糖尿病の食事になると、好きなようにご飯を食べることができなくなります。そうなると、仕事のモチベーションも下がってしまいますし、グルメが趣味の方は楽しみも奪われてしまいます。生活にハリがなくなるのを回避するためには、クリニックで定期的に健康診断をして健康を維持するのが得策です。

糖尿病の発症を抑えるポイント

塩分を控える

野菜をたくさん食べるのはいいのですが、ドレッシングをたっぷりかけてしまうと意味がなくなってしまいます。そのため、なるべくそのままで食べるようにするか、ほかの料理に取り入れて食べやすくして下さい。

野菜から食べる

食べ方一つであってもポイントがあり、まずは野菜、その次に魚、最後にお肉類を食べることによって、体内に溜め込むことなく消化をすることが可能となっています。そして、満腹中枢を刺激するにも打って付けと言えるでしょう。

間食を控える

お菓子やジュースには驚くほどの糖分が入っているので、それを毎日食べたり飲んだりしていると病気の元となってしまいます。どうしても食べたいのなら糖質OFFと書かれているものにするとおさえることができるでしょう。

最終的には病院に行く

一人で対策しようとしてもなかなか糖分や塩分を減らすことができないことがあるでしょう。そういった場合は、専門クリニックに行って医師の指示を仰ぐべきです。二人三脚で病気の元を断ち切ることが可能となっています。

広告募集中